FC2ブログ
08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

2019.03.06 (Wed)

珠玉

国民的歌姫だった美しい祖母は、自分とは似ても似つかず超えられない存在。
嫌というほどその現実を感じてきた歩は、他人の美貌に辟易しなるべく目立たぬように過ごしていたが、経営するファションブランドの人気が低迷しデザイナーの相棒にも見限られ、最悪の状況に陥る。
そんな折、仕事を失いかけているモデル・ジョージと出会った。
歩のブランドの建直しをジョージが強引に手伝うようになり…。
本物の美しさとは、強さとは。
弱さを抱えた者たちが成長する姿を丁寧に描いた物語。


物足りなかったなぁ
20:21  |  彩瀬まる  |  Comment(0)

2019.02.27 (Wed)

火のないところに煙は

神楽坂を舞台に怪談を書きませんか
突然の依頼に、作家の私は、かつての凄惨な体験を振り返る。
解けない謎、救えなかった友人、そこから逃げ出した自分。
私は、事件を小説として発表することで情報を集めようとするがー。
予測不可能な展開とどんでん返しの波状攻撃にあなたも必ず騙される。
一気読み不可避、寝不足必至‼︎読み始めたら引き返せない、戦慄の暗黒ミステリ!


本屋大賞ノミネート作品、5作品目です。
初めての作家さんも多く楽しいです。
でも、怪談はちょっと…
20:25  |  芦沢央  |  Comment(2)

2019.02.24 (Sun)

戦場のコックたち

今回は世界大戦のアメリカ兵が主人公です。
この本の中では、戦時中にも色んなミステリーが起こります。
そして、人は戦死します。
戦いが終わり、壁も無くなり…
読み終えてホッとしました。
そして、もっと知りたく読みたくなりました。
15:20  |  深緑野分  |  Comment(2)

2019.02.16 (Sat)

ひとつむぎの手

本屋大賞は誰だと思いますか?のなぎさんの問いに、ノミネートの作品を読んでみようと。
この本で4作目、何冊読めるでしょうね。
沖縄出身、医師。でこの作品。
私的には好みの作品でした。
泣けるところもあって、お人好しの主人公、でも人望があって。
一気に読みました。
20:59  |  知念実希人  |  Comment(0)

2019.02.13 (Wed)

愛なき世界

愛なき世界って何だろう。
T大で植物の研究をしている本村さん。
シロイヌナズナの葉の大きさの研究は何の役に立つのだろうとやっぱり思ってしまいました。
でも、研究者は知りたいのねぇ。
そんな本村さんに恋する料理人藤丸くん。
植物は愛のない世界。でも本村さんは植物を知りたい。
その気持ちは愛!
この結論、気持ちいいですね。
19:01  |  三浦しをん  |  Comment(2)

2019.02.07 (Thu)

フーガはユーガ

伊坂さんにはいつもやられた感…
今回の畳み掛けには、動揺すらしてしまいました。
フーガとユーガは双子。
父親に虐待を受け、母親は見て見ぬふり。
今まさに話題の内容でビックリ!
きっと最近この話題が多いんだろうなと。
で、高杉というディレクターにフーガとユーガの不思議な現象を話しているんだけど…
14:29  |  伊坂幸太郎  |  Comment(2)

2019.02.02 (Sat)

ベルリンは晴れているか

まゆさんのHPで気になり読んでみましたが、難しいものを手にしてしまったと。
敗戦国の日本についてもまだまだ勉強不足なのですが、ドイツについての知識はもっとなく、呆然としてしまいます。
少しだけ知っていたユダヤ人のこと、もっともっと辛いものだと感じました。
自分だったら…

1945年7月。
ナチスドイツが戦争に敗れ米ソ英仏の4カ国統治下におかれたベルリン。
ソ連と西側諸国が対立しつつある状況下で、ドイツ人アウグステの恩人にあたる男がソ連領域で米軍製の歯磨き粉に含まれた毒により不審な死を遂げる。
米国の兵員食堂で働くアウグステは疑いの目を向けられつつ、彼の甥に訃報を伝えるべく旅出つ。
しかしなぜか陽気な泥棒を道連れにする羽目になりー
ふたりはそれぞれの思惑を胸に、荒廃した街を歩きはじめる。

16:22  |  深緑野分  |  Comment(4)

2019.01.27 (Sun)

悪玉伝

読み始めは、悪い番頭をこらしめて兄の亡き後、弟が店を切り盛りし繁盛繁盛、万々歳の話かと。
時代背景は、大岡越前守忠相、将軍吉宗。
最後は吉兵衛頑張れ!
14:56  |  朝井まかて  |  Comment(0)
PREV  | HOME |  NEXT