FC2ブログ
08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

2019.02.02 (Sat)

ベルリンは晴れているか

まゆさんのHPで気になり読んでみましたが、難しいものを手にしてしまったと。
敗戦国の日本についてもまだまだ勉強不足なのですが、ドイツについての知識はもっとなく、呆然としてしまいます。
少しだけ知っていたユダヤ人のこと、もっともっと辛いものだと感じました。
自分だったら…

1945年7月。
ナチスドイツが戦争に敗れ米ソ英仏の4カ国統治下におかれたベルリン。
ソ連と西側諸国が対立しつつある状況下で、ドイツ人アウグステの恩人にあたる男がソ連領域で米軍製の歯磨き粉に含まれた毒により不審な死を遂げる。
米国の兵員食堂で働くアウグステは疑いの目を向けられつつ、彼の甥に訃報を伝えるべく旅出つ。
しかしなぜか陽気な泥棒を道連れにする羽目になりー
ふたりはそれぞれの思惑を胸に、荒廃した街を歩きはじめる。

スポンサーサイト



16:22  |  深緑野分  |  Comment(4)

Comment

No title

歴史ミステリーなどと、簡単に言ってほしくないほど、いろんなことが詰まっている小説ですね。歴史的な背景など、すべて理解しているとは言い難いけど、決して過去の話じゃないように感じました。
直木賞、本屋大賞とノミネートされているのもうなづけます。
なぎ |  2019.02.03(日) 16:40 | URL |  【編集】

なぎさん

私にとって本当に簡単な話ではありませんでした。
この題名に含まれてる意味はなんなんだろうと。
直木賞ちょっと残念でしたね。
他の作品も読んでみたくなりました。
chii |  2019.02.03(日) 18:58 | URL |  【編集】

No title

難しいですよね。私もそう思いました。
でも、この難しさには直面しなきゃな、という思いで。
佐藤亜紀「スウィングしなけりゃ意味がない」も、戦中のドイツの青年たちを描いた作品で、おすすめです。

それから、深緑さんは「オーブランの少女」「戦場のコックたち」「分かれ道ノストラダムス」の3作が刊行されてます。
一番とっつきやすいのは、「分かれ道~」かな。これだけが、日本が舞台です。
ご参考までに。
まゆ |  2019.02.05(火) 09:30 | URL |  【編集】

まゆさん

難しくても読んで良かったと思える作品でした。
小さい図書館にも「戦場のコックたち」がありました。
佐藤亜紀さん、探してみます。
ありがとうございます(^^)
chii |  2019.02.05(火) 20:08 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | HOME |