02
1
2
3
5
6
7
9
10
11
12
13
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
   

三鬼

三鬼 「宮部みゆき」

迷いの旅籠・・・死んだ人に会いたい想いはわかる気がします。
でも、会えた引き換えに誰かが気を失うのは困ります。
やっぱりできない事なのでしょう。

食客ひだる神・・・ひだる神を背負いながらお弁当屋さんを繁盛させひだる神を迷惑がらず。
楽しい物語でした。

三鬼・・・淋しい村で出る鬼の正体は?

おくらさま・・・美人姉妹に起こる災難。
おくらさまは神様?

黒白の間で百物語を聞く、おちか。
読み終えるまで随分時間がかかりました。
宮部さんはハズレませんね。
スポンサーサイト

今さらのコメントでごめんなさい。
宮部さんの時代物は、ハズレなしです。
「食客ひだる神」は、ユーモラスなんだけど、ホロリとさせられました。
このシリーズも長くなってきました。
どこまで続くかな。

まゆさん

コメントありがとうございます♪
ハズレのない宮部さんの私の一番は何かな〜と思い返していました。
最初のほうに出会ったものは印象が深いです。
このシリーズ、つい手にとってしまいます。
怖いのは苦手なんだけど(笑)

No title

宮部みゆきさん、大好きな作家さんなのですが・・・。
私も怖いのが苦手で、びくびくしながら読みました(笑)
ただの怖いじゃなくて、共存している怖さっていうか。
それでも今回は、人情の温かさみたいなものが内包されていて救われました。
「ひょうたんこ屋さん」とおちかはどうなるのでしょうね。
次巻が楽しみです。

ひなたさん

おはようございます。
宮部さんの物語は後読感が良く、読みたくなります。
ドキドキしながら(笑)
共存の怖さ・・・やっぱり怖い。
次回も楽しみですね!
Secret

FC2カウンター

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

プロフィール

chii

  • Author:chii
  • 北海道で農業をしている主婦♪

最近のコメント

リンクのみなさんの更新状況

カテゴリ集

ブログ内検索