08
1
2
3
4
5
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

王とサーカス

王とサーカス 「米澤穂信」

2001年、新聞社を辞めたばかりの太刀洗万智は、知人の雑誌編集者から海外旅行特集の仕事を受け、事前取材のためネパールに向かった。
現地で知り合った少年にガイドを頼み、穏やかな時間を過ごそうとしていた矢先、王宮で国王をはじめとする王族殺害事件が勃発する。
太刀洗はジャーナリストとして早速取材を開始したが、そんな彼女を嘲笑うかのように、彼女の前にはひとつの死体が転がり・・・
「この男は、わたしのために殺されたのか?
あるいはー」
疑問と苦悩の果てに、太刀洗が辿り着いた痛切な真実とは?


初めての作家さんと思っていましたが、
「インシテミル」読んでいました。怖い思い出が。
今回はそんな思いもせず読めました。
ネパールで起こった王宮事件が絡んできますが、記憶になくちょっと調べながら。
こんな大きな事件の落とし所は?
カトマンズの事情とか、記者のあり方とか、盛りだくさん。
最後はこんな風に繋がるのかと!
スポンサーサイト

これもすごく読みごたえありますが、
太刀洗万智に興味をお持ちになったら、
「真実の10メートル手前」もおすすめです。
この作品の前後の話が読める短編集です。
また、高校時代の万智が登場する「さよなら妖精」もありますよ。

まゆさん

奥深い小説でした。
ジャーナリスト太刀洗万智、興味あります。
「真実の10メートル手前」は図書館にあってどちらにしようと迷った一冊でした。
楽しみ♪、まゆさんありがとうございます(^^)

Secret

FC2カウンター

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

プロフィール

chii

  • Author:chii
  • 北海道で農業をしている主婦♪

最近のコメント

リンクのみなさんの更新状況

カテゴリ集

ブログ内検索