04
1
2
3
4
5
6
8
9
10
11
12
13
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
28
29
30
   

花神 下

花神 下「司馬遼太郎」

百姓が武士に勝った。
幕長戦での長州軍の勝利は、維新史の転換点となり、幕府は急速に瓦解へとつきすすむ。
この戦いでははじめて軍事の異才を発揮した蔵六こと大村益次郎は、歴史の表舞台へと押し出され、討幕軍総司令官となって全土に革命の花粉をまきちらしてゆく。
幕末動乱の最後の時期に忽然と現れた益次郎の軍事的天分によって、明治維新は一挙に完成へと導かれる。


やっと読み終わりました。
が、解説を読むと「花神」と「世に棲む日日」は一対をなす長編小説とありました。~_~;
いつか読まなくてはね。
シーボルトの娘イネとの交流が最期まであり、興味深く読めました。
靖国神社に銅像があるそうです。

今年から野菜作りも任され、忙しい日々です。
でも、楽しいです♪
スポンサーサイト

Secret

FC2カウンター

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

プロフィール

chii

  • Author:chii
  • 北海道で農業をしている主婦♪

最近のコメント

リンクのみなさんの更新状況

カテゴリ集

ブログ内検索