06
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
18
19
20
21
22
23
25
26
27
28
29
30
   

夏天の虹


・冬の雲雀ー滋味重湯…小松原に料理屋を続ける想いを告げる。番付けも気になり、ついに倒れてしまう。
・忘れ貝ー牡蠣の宝船…牡蠣を使ったつる家の看板料理誕生♪
・一陽来福ー鯛の福探し…「鯛のあら炊き病を払うため」どんなときも食事は体をつくるのですね。
・夏天の虹ー哀し柚べし…香りが無くなる、精神が病んでしまった澪。やっぱり誰かがいなくなるのね…辛い章です。何だかがんばれーって言えない。
スポンサーサイト

この巻は、大泣きしました。
今でもつらくて読み返せません。
澪が匂いを取り戻す代償が、あんな・・・。

まゆさん

辛い辛い七巻でした。
とくに夏天の虹は、泣きました。
瓦版にもありましたが、吉原の大火は事実で大変な時代だったのでしょう。
Secret

FC2カウンター

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

プロフィール

chii

  • Author:chii
  • 北海道で農業をしている主婦♪

最近のコメント

リンクのみなさんの更新状況

カテゴリ集

ブログ内検索