05
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

竜馬がゆく〈5 回天篇〉

竜馬がゆく〈5 回天篇〉竜馬がゆく〈5 回天篇〉
(1988/10/05)
司馬 遼太郎

商品詳細を見る


大河「龍馬伝」を見終わってから読んでよかったです。
予習があったので話の流れもスムーズに理解できました。
男性が竜馬に惹かれるのがわかる気がします。
女性は母性をくすぐるのでしょうね~

形にとらわれず、信念を通す。
違うとわかれば方向転換のできる柔軟な頭。
好奇心が強く、世界に興味があって・・・
ついに大政奉還を実現してしまう竜馬。

竜馬の最後がわかっているだけに、読み進めるのがつらくなりました。
(たびたびの忠告も聞き入れず)
あとがき(エピソード)もためになりました。
司馬作品、また読んでみたいものですね~
スポンサーサイト

こんにちは

おお、大作に挑戦されましたね。
わたしも昨年の大河は見たので予習はバッチリ?です。
司馬さんはいつか挑戦してみたい作家さんのおひとりです。
時間にゆとりができたら、ぜひ読みたいです。

ひなたさん

司馬さんの作品は初めてでした。
大作で気が抜けませんでしたね~(笑)
でも、また読んでみたい作家さんになりましたよ。
ひなたさんも、ぜひどうぞ♪

NoTitle

読了、おめでとうございます。
私は文庫だったので気が遠くなりそうでしたが(笑)、「坂の上の雲」よりはうんと読みやすかったです。
大河の龍馬はこれとはまた別物ですが、共通して言えるのは、とても魅力的な人物だったということ。
そして、あんなに時代の先を明確に見据えていた人間はいないということです。

まゆさん

ありがとうございます♪
この本もまゆさんに刺激されていますよ~
あの時代に、本当にこんな考えの人がいたなんて驚きでした。
ますます竜馬の魅力がわかりました。
福山さんのコンサートにもれてしまったけど(笑)
Secret

FC2カウンター

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

プロフィール

chii

  • Author:chii
  • 北海道で農業をしている主婦♪

最近のコメント

リンクのみなさんの更新状況

カテゴリ集

ブログ内検索