FC2ブログ

5年3組リョウタ組

5年3組リョウタ組5年3組リョウタ組
(2008/01)
石田 衣良

商品詳細を見る


今回は涙腺が緩くなる場面があってこまりましたね。
やっぱり子供題材だと気持ちがとっても入ってしまいます。
学校で事件が起きた時の記者会見、校長が差し障りのないコメントは私も不満です。
絶対子供個人を知らないでしょう!
現実ではできない対応なのでしょうが、本中の対応は共感できました。
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

何となく単純な感じがして、今一つ楽しめなかったように感じます。
最後あたりでテストをやめて外に遊びに行ったじゃないですか。
その日に学校を休んだ子はどうなったのかなって…。

buudy|さん

こんばんは~
共感できないこともありましたが、私は良い作品だと思えました。
buudyの言うように最後のまとめ方は後を引きましたね。

去年読んだなかでベスト10に入りました。すっきり読めてよかったです。
ちょうど今、娘が4年生。男の先生にかわったので、話がしにくくなったようです。
先生方の苦労がたくさん描かれていて、現実の学校はどうなのかな?と想像しながら読みました。私も養護学校のところでは涙しました。

ありんこさん

ベスト10ですか!なるほど。
先生の仕事が大変なのがよくわかりますよね。きっと現実も・・・
人間を育てるっとことは難しいものね~
ありんこさんのお子様は小学生ですか、異性の先生は難しいでうかね。
相性もあるでしょうしね~

私は読んでいて泣いてしまいました。
きれいごとかもしれませんが、人を思いやる気持ち、前向きに頑張る気持ちって、いいものですね。
石田衣良から全国の先生たちへの応援かもしれません。

kanakana さん

泣けるけど爽やかでしたよね。
石田さんの作品をもう少し読んでみようと思いましたよ。
教師は難しい職業ですね。

新聞小説

こんばんは。
私は、新聞の夕刊に連載されていたときに読みました。
障害者学級の場面が、非常に印象に残っています。
先生って本当にたいへんですね。

青子さん

こんばんは~
毎日少しづつ読める新聞小説だとワクワクしますね。
どの場面も真実味があって切なくなりました。
ホント先生は大変なんですね。
でも・・・相性でしょうか好きになれない先生もいますよね。
カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
FC2カウンター
プロフィール

chii

  • Author:chii
  • 北海道で農業をしている主婦♪
最近のコメント
カテゴリ集
ブログ内検索