06
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
18
19
20
21
22
23
25
26
27
28
29
30
   

オリンピックの身代金

オリンピックの身代金オリンピックの身代金
(2008/11/28)
奥田 英朗

商品詳細を見る


久しぶりの奥田さんです、久しぶりと言うか、「空中ブランコ」しか読んでいないかも・・・
あの本の印象とはずいぶん違う今回でしたが、面白かったです。
昭和39年の東京オリンピック、本当のことのように読んでしまいました。
作者も知らないだろう昭和39年、だけどきっとこんな感じだったのだろうと納得しながら読んでいました。
オリンピックの成功が日本人の悦び、犠牲も多かったのでしょうね。
スポンサーサイト

先日は、コメントをありがとうございました。
東京オリンピックの時代の様子が、手に取るようにわかりましたね。
おもしろい作品でした。

花さん

いらっしゃいませ、こちらこそありがとうございます。
東京オリンピックは、昨年の北京オリンピックのような状態だったのかと想像しています。
また東京にオリンピックがくるのかな~

東京オリンピックの頃は、東京と地方でこんなに格差があったんですねー。
東北に住んでいる私としては、それも驚きでした。
主人公に最後まで逃げ切って欲しいと思ったので、けっこうのめりこんで読んでいたんでしょうね。

kanakanaさん

こんばんは~
昭和39年、わが家も貧乏でした。(笑)
まだ幼い私は普通の生活だと思っていたんですがね~
どんな結末が待っているのかとドキドキでしたよ。
Secret

FC2カウンター

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

プロフィール

chii

  • Author:chii
  • 北海道で農業をしている主婦♪

最近のコメント

リンクのみなさんの更新状況

カテゴリ集

ブログ内検索