10
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
18
19
20
21
22
24
25
26
27
28
29
30
31
   

東京湾景

東京湾景東京湾景
(2003/09/26)
吉田 修一

商品詳細を見る


東京に行った時、りんかい線に乗ったことがきっかけでこの本を読むことに。
吉田さんの作品も読んでみたいと思っていたし。
月9のドラマにもなっていたらしい。
なかなか面白いラブストーリー、甘すぎないのが良かった。

品川埠頭で働く亮介は、携帯の出会い系サイトで知り合った「涼子」とデートの約束を交わす。
すっぽかされるかもしれないと思いつつも、待ち合わせの羽田空港に向かう亮介を待っていあtのは、「こんな女が来るわけないよな」と思うほどの美形だった・・・。
名前も素性もあいまいなまま、いつ終っても不思議ではない関係をそれでも紡がずにはいられない男と女は、どこへ向かうのか。(帯より)
スポンサーサイト

ドラマはみていないのですが、この作品は吉田さんの中でも読みやすくて、設定も新鮮で好きでした。当時の読書日記を読み返したところ、車窓から自分のマンションをみたりするのがいい。涼子がカラオケで歌う森高千里の「雨」が名曲です!など・・・結構その後も吉田さんの作品を読み続けています~。

ありんこさん

吉田作品のなかで軽いというコメントも目にしましたが、私には合っていました。
森高千里の「雨」は知らないけど、今度カラオケで歌ってみたいような・・・(笑)
吉田さんの作品はこの町の図書館にあまりなくって、残念です。
残り1冊が手元にあります、楽しみです。

私もドラマは見てなくて、原作だけ読みました。
おっしゃるとおり、甘すぎないラブストーリーでしたね。
亮介の過去が明らかになってから彼の魅力が増して、物語が面白くなった覚えがあります。

kanakanaさん

甘すぎないだけに印象も薄いのか、もう忘れているんですよね。
亮介は体育会系のイメージで読んでいましたが、亮介の過去・・・思い出せません(^^ゞ

読みました♪

実は恋愛モノは苦手(中高生のはOK)ということが最近判明して、どうかなぁ~と思いつつ読んでみたのですが…

軽めというのが、よかったようで一息に読んでしまいましたよ。ちょとした日常逃避ができました(笑)

ドラマも写真がないか、気になって検索してみたんだけど、内容も主人公の女性が在日韓国人だったり…そういや、ヨンハくんがドラマに出て話題になってた頃の?殆ど記憶がありません。

なぎさん

たしかオダギリジョーだったような
私も見ていないので記憶にあるわけないんだけど・・・
「悪人」と比べようもなく、軽いものでしたね。
苦手な恋愛ものにトライしていただき嬉しいです!

tDBxQXdtaCzBvghU

f, http://reap-liberia.org marlboro, http://blogrunnfun.com plavix and prilosec warning, http://quintessentialjazzmusic.com parliament lights cigarettes, http://wecareaboutsyracuse.com allopurinol lisinopril, http://mygeneralcounselor.com europe discount cigarettes,
Secret

FC2カウンター

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

プロフィール

chii

  • Author:chii
  • 北海道で農業をしている主婦♪

最近のコメント

リンクのみなさんの更新状況

カテゴリ集

ブログ内検索