08
1
2
3
4
5
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

猫を抱いて象と泳ぐ

猫を抱いて象と泳ぐ猫を抱いて象と泳ぐ
(2009/01/09)
小川 洋子

商品詳細を見る


おばあさんの布巾と唇の脛毛が私には合いませんでしたが、
チェスの深さもわかり、とっても素敵な物語でした。
対戦相手の人柄が試合に出るというのは、将棋や碁も同じなんでしょうね。
スポンサーサイト

こんにちは。
わたしもこの本読みました。小川洋子さん、新しい本を読むたびにこの本が一番好きな小川さん!と思ってしまいます。で、今はこれが一番のお気に入りなんです。
>おばあさんの布巾と唇の脛毛が私には合いませんでしたが、
・・・確かに・・・あまり見たくないです。でもあまりに現実感がない分わたしは大丈夫♪でした。というか、どんな不気味なシーンが出てくるか、とかなり腰が引けていましたので、このくらいは全然まともじゃーんって感じだったんですよ(笑)
すみません、つまらないことばっかり。
ほんとに素敵な物語でした。チェスも将棋もやったことないし、ルールとかも全然知らないんですけど♪

ぱせりさん

こんにちは~
実はぱせりさんの☆5つに惹かれて読んだんです。
読み終わって確認に伺ったのですが、もう記事に戻れなくってコメントせずに帰ってきました。
読み終わって素敵な世界に触れたとかんじましたね。
ぱせりさん、ありがとうございます♪

図書館に予約中で首を長くして待っているところです^^

>おばあさんの布巾と唇の脛毛

未読なので想像が膨らむばかりですごく気になります(笑)

はぴさん

待ち遠しいですね、思いも膨らみますね。
素敵な物語でしたよ!
期待してOK~
はぴさんの感想が楽しみです。

コメントありがとうございます。
唇の毛は確かにちょっと受け入れがたい部分がありますよね。
「慌てるな、坊や」
の台詞には読んでいるこっちも落ち着かせてくれるような、やさしい響きがありましたよね。

buudy さん

こんばんは、buudy さん。
こちらこそいらして下さって、ありがとうございます。
「慌てるな、坊や」 は、私も好きな台詞でした。
実生活にも役に立ちそうです。(笑)

読みました~

chiiさん、やっと読みました。

私も“おばあさんの布巾と唇の脛毛”には…でしたが、そんなことも気にならないくらい素敵な物語でした。

ミイラなんて呼ばれて…とか最初は戸惑った呼び名も最後にはきれいな名前に思えてくるから不思議です。

なぎさん

こんばんは~
布巾、脛毛、ミイラ・・・普段は響かないはずのこれらが読み終わると、う~んと唸ってしまいました。
忘れられない物語になりました。
Secret

FC2カウンター

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

プロフィール

chii

  • Author:chii
  • 北海道で農業をしている主婦♪

最近のコメント

リンクのみなさんの更新状況

カテゴリ集

ブログ内検索