FC2ブログ
08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

2009.01.08 (Thu)

4TEEN

4TEEN4TEEN
(2003/05/22)
石田 衣良

商品詳細を見る


最近よくTVで見かける作家さんです。
みなさんのブログでもよく見かけ挑戦することにしました。
意外とおじさんなんだ~私とかわらないのね。
なのにこの本は、題名の通り14歳の男の子たち。
私の知らない男の子の世界をみられたと思います。

14歳は、空だって飛べる。
スカイラインを切り取る超高級マンション、路地に並ぶ長屋ともんじゃ焼きの店。
<きのう>と<あした>が共存するこの町・月島で、ぼくたちは、恋をし、傷つき、旅に出かけ、死と出会い、そしてほんの少しだけ大人になっていく。
14歳の4人組が一年間出会った8つの物語を鮮やかに描いて、<いま>を浮き彫りにする青春ストーリー。(帯より)



スポンサーサイト



17:20  |  石田衣良  |  Comment(10)

Comment

chiiさん
昨年はありがとうございました。
今年もどうかよろしくお願いいたします。

石田さん、TVによく出てますよね~
この作品は、ずっと以前に読みましたが、男の子たちが一生懸命で良かったです。
EKKO |  2009.01.10(土) 13:44 | URL |  【編集】

EKKOさん

こちらこそ今年もよろしくお願いします。
石田さんは初めてでしたが、今年は少し読んでみようと思いました。
TVで人相もわかったし・・・(笑)
chii |  2009.01.11(日) 21:09 | URL |  【編集】

ビーズ

どんなキット買いましたか?
作ったら見せてね♪
最近はまたスキーで忙しいからビーズはしばらくしまったままです。
ちょっと風邪気味なのでよけい手が出ないな~
綺衣露 |  2009.01.14(水) 21:24 | URL |  【編集】

綺衣露さん

今日は久しぶりの吹雪でしたよ。
今年はこちらは雪が少なくってスキー場はどうかな?

買ってきたビーズは簡単なものですよ。
ただ繋げるだけなんだけど、素材が高いものでした。
chii |  2009.01.15(木) 20:40 | URL |  【編集】

直木賞受賞ときいて、ずっと前に読みました。男の子の友情をきれいに描いていて、東京の男の子ってこんな感じの日常なのかな。なんて想像しました。よくTVに出てますよね。原稿もかいて、大変でしょうけど、そんな大変さが微塵も感じられませんね~!
arinko-mama |  2009.01.15(木) 22:39 | URL |  【編集】

arinko-mamaさん

いつの直木賞だったのでしょうか・・・
実は辻さんと勘違いしていたんです、なのでなかなか手に取ることができませんでした。
今年は思い出したように読んでみたい作家さんになりました。
TVのコメントも本を読んでから興味のあるものとなりました。
chii |  2009.01.16(金) 19:52 | URL |  【編集】

今年もよろしくお願いします。

石田衣良さんはけっこう最近になって読み始めた作家さんなのですが、彼の代表作とも言われているこの本はまだよんでいないんです。
なんとなく読む気がしなくって。
おもしろい本でしたか?
buudy |  2009.01.16(金) 22:31 | URL |  【編集】

buudyさん

おはようございます。
私も石田衣良さんはこの本が初めてで、まだわからない作家さんですね。
でも、この作品は読みやすく分かりやすく、疲れたら石田さんにしようかなと思いました。
これって?回答になっていないでしょうか・・・
chii |  2009.01.18(日) 09:17 | URL |  【編集】

おはようございます。
今更コメントですみません。
現代のお伽噺のような感じで、好きでした。
物語の舞台もよかったですよね。
ぱせり |  2009.01.19(月) 07:10 | URL |  【編集】

ぱせりさん

おはようございます。
東京の夢の島でしたっけ、未知の世界です。
やっぱりお伽噺ですね。
現代版だとこんな風になるのでしょうか。

いつのコメントも大歓迎です、ぱせりさんありがとうございます♪







































chii |  2009.01.19(月) 08:49 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | HOME |