04
1
2
3
4
5
6
8
9
10
11
12
13
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

茨の木

茨の木茨の木
(2008/05/19)
さだ まさし

商品詳細を見る


「もう来んでよか」それが、最後に聞いた父の言葉だった。
48歳の真二は、2年前に編集者の仕事を辞め、妻とも離婚していた。そんな彼の元に、半年前、父の葬儀で喧嘩したきりの兄から、突然父の形見のヴァイオリンが届く。そのヴァイオリンを修理に出した直後、兄の病を知る。兄の思いをはかった真二は、ヴァイオリンの作者を求めてイギリスを訪れ、そこでガイドとして現れた響子に、初恋の女性の面影を重ねるのだった。多くの人の親切に助けられ、ついに辿り着いた「父の背中」と、そこで真二の見たものは・・・・。(帯より)

さださんの本は2冊目ですね。(1冊目 眉山)
いつも、情のある日本人が感じられます。
今回はヴァイオリンのことも勉強になりました。
スポンサーサイト

こんにちわ

気になりながらも、まだ手にとってないさだまさしさんの本。
「情のある日本人」というフレーズに惹かれました。
「眉山」とともにメモしておこうと思います。

ひなたさん

こんばんは~
さださんの本は映画になるものが多いですよね。
私には合っている作家さんのような気がします。
力を抜いて読めます。
Secret

FC2カウンター

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

プロフィール

chii

  • Author:chii
  • 北海道で農業をしている主婦♪

最近のコメント

リンクのみなさんの更新状況

カテゴリ集

ブログ内検索