05
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

青年のための読書クラブ

青年のための読書クラブ青年のための読書クラブ
(2007/06)
桜庭 一樹

商品詳細を見る


東京・山の手の伝統あるお嬢様学校、聖マリアナ学園。
校内の異端者だけが集う「読者クラブ」には、長きにわたって語り継がれる秘密のクラブ誌があった。
そこには学園史上抹消された数々の珍事件が、名もない女性徒によって脈々と記録され続けていた。

この手の物語は苦手、のはずがおもしろく読み終われました。
森見さんの世界に似ているな、と思いましたね。
使い慣れていない言葉が多く、あっと気がつくと何も頭に入っていません。
疲れた~
この作家さんは、登場人物の名前が変わっていて疲れるのかも。
スポンサーサイト

こんにちわ。わたしも最初、慣れない文体に、なかなか入り込めなかったです。読み進むにつれ、どんどん引き込まれていきました。「赤朽葉家・・・」は途中で図書館に返してしまわなければならなかったので、次はそれに挑戦しようと思っています。

ひなたさん

おはようございます♪
どんどんひきこまれますよね、この作品。
「赤朽葉家」も文体が似てますよね、と私は思いました。
桜庭さんの1番に悩んでいます。
まだ読み足りないかな・・・

変な名前

この作者の登場人物って、ほんと変わった名前ですよね。
どの作品でも、それはいかがなものかと?と言いたくなります。
でも、何故か読み終わるとその名前以外は考えられないような気になっています。
そういうとこ、やっぱりすごいですね。
一応完結してますが、まだ後から作れそうな構成なので、シリーズとして、もっと書いてくれないでしょうかね。
この作品、私、お気に入りです。

しゃべり言葉とか、かなり芝居がかってましたもんねー。
しかも男言葉で。
でも、それなのにしっかり少女心を描いているのが、桜庭一樹だなぁと思いました。

青子さん

変わった名前は覚えきれませんが、印象には残っていますね。
この作家さんならではです。
青子さの「お気に入り」ですか!
私はどれにしようかと迷っていますが、以外とこれ、好きなんですよね~(笑)

kanakanaさん

ホント、なぜ男言葉なんだろうと考えましたが女子高ならではなんでしょうね。
宝塚のような。
少女が主人公の作品が多いですよね。
少女心っていくつになっても戻れる気がします。

おひさしびりです。過去コメントもらってたのに、すっかりレスを忘れてたの。ごめんなさいね。

私もこの本読んだけど、楽しかったです。
彼女の作品いろいろ読んだけど、
「赤朽葉~~」と「砂糖菓子~~」の二作品お気に入りです。あとは・・・・・???

ほっそさん

お久しぶりです、のぞいてくれて嬉しいです♪
ほっそさんのブログのようにたくさんのコメントが入ると忘れることもありますよね。

桜庭作品は理解できないものも、でも引き込まれますね。
気になる作家さんです。

こんにちは☆

何だか徐々に桜庭さん苦手になってきてしまったような気がします。

自分も女子高だったからか、女子高特有のこういう雰囲気とミステリアスなものが混ざり合ったストーリーは好みなのですが、こちらあまり波長が合わなかったんですよね~

「赤朽葉~」が一番好みです♪

hitoさん

こんばんは。
私も桜庭さんは、どうも掴みきれません。
だから面白いのですが。
「赤朽葉~」もおもしろかったのですが、一番を選びきれていませんね。
Secret

FC2カウンター

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

プロフィール

chii

  • Author:chii
  • 北海道で農業をしている主婦♪

最近のコメント

リンクのみなさんの更新状況

カテゴリ集

ブログ内検索