FC2ブログ

落花

野太い喊声、弓箭の高鳴り、馬の嘶き...血の色の花咲く戦場に、なぜかくも心震わせる至誠の音が生まれるのか!己の音楽を究めんと、幻の師を追い京から東国へ下った寛朝。そこで彼は、荒ぶる地の化身のようなもののふに出会う。―「坂東のならず者」を誰より理解したのは、後の大僧正その人だった。 Google booksより

平将門が登場するんだけど、あっ、大河でやっていた!?
結末がどうも違っていたのでしらべてみました。
大河は、平清盛でしたね。
何も知らなくても十分に楽しめましたがf^_^;)
寛朝と仁和寺のことも少し勉強できたし。
スポンサーサイト



罪の轍

凄く良かったです!
最初から北海道の離島が出てきて、入りもすんなり、気が逸れることなく読めました。
読みおわっても現実のようで、胸が痛くなりました。
東京オリンピックを翌年に控えた昭和38年。浅草で男児誘拐事件が発生し、日本中を恐怖と怒りの渦に叩き込んだ。事件を担当する捜査一課の落合昌夫は、子供達から「莫迦」と呼ばれる北国訛りの男の噂を聞く――。世間から置き去りにされた人間の孤独を、緊迫感あふれる描写と圧倒的リアリティで描く社会派ミステリの真髄。Google booksより

図書館はコロナで休館のところ、希望者のリクエストを配達していただける事になりました。
教育委員会さん、凄い!


カレンダー
04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
FC2カウンター
プロフィール

chii

  • Author:chii
  • 北海道で農業をしている主婦♪
最近のコメント
カテゴリ集
ブログ内検索