03
2
3
4
6
7
8
10
11
12
13
14
15
17
18
19
20
21
22
23
24
25
27
28
29
31
   

皇后の真実

皇后の真実 「工藤美代子」

皇室好きです。ついつい手が出ます(*^o^*)
皇后の聡明さを改めて感じました。
失語症の原因はパッシングだったとは・・・

11月、皇居の清掃奉仕に参加します!
スポンサーサイト

峠 後編

峠 後編 「司馬遼太郎」

結末がわかっているので、辛い読みものになりました。
新政府軍と幕府軍、どちらとも戦わない、調停役になろうとする継之助。
藩の独立を目指し、家財を売り銃や大砲を購入。

・人は、長ずるところをもってすべての物事を解釈しきってしまってはいけない。かならず事を誤る(文中より)

会津藩の大河「八重の桜」を見てたから時代背景もわかって、読み進めました。

峠 前編

峠 前編 「司馬遼太郎」

時代小説と言えば、司馬遼太郎からって。
以前見た番組で「峠」が取り上げられていました。
ずっと気になっていました。
越後高岡藩 河井継之助・・・知らないわ〜
幕末、越後高岡藩に係わり藩をどう救う?
前編は継之助が遊学し、見聞しながら思想を確実にしていくのね。
最新の銃、博打、遊女の禁止・・・
同郷の山本五十六が敬慕していたと文中にありました。

スクラップ・アンド・ビルド

スクラップ・アンド・ビルド 「羽田圭介」
「早う死にたか」
毎日のようにぼやく祖父の願いをかなえてあげようと、ともに暮らす孫の健斗は、ある計画を思いつく。
日々の筋トレ、転職活動。
肉体も生活も再構築中の青年の心は、衰えてゆく生の隣で次第に変化して・・・。
閉塞感の中に可笑しみ漂う、新しい家族小説の誕生!
(帯より)

毎日のようにTVに出ている作家さんのイメージと違いました。
たくさんの事を伝えたいんだな~と感じました。
介護、治療、年金・・・
どうなるんだろう、日本。

中野のお父さん

中野のお父さん 「北村薫」

あの、おかしなこと、いい出すとお思いでしょうけどー
わたしには、父がいるんです。
定年間際のお腹の出たおじさんで、家にいるのを見ると、
そりゃあもう、パンダみたいにごろごろしている、
ただの《オヤジ》なんですけどー
謎をレンジに入れてボタンを押したら、
たちまち答えが出たみたいで、本当にびっくりしたんです。
お願いです。このことー父にだけ話してみてもいいでしょうか。(本文より)


プロフィールに「本の達人」とありました。
本の達人らしい物語でした。
定年間際の高校国語教師の父を頼り(尊敬)している出版社勤めの娘。
作者の願望かなと勘ぐったりしました。
ほっこりして気持ちの良い一冊でした。

獅子吼

獅子吼 「浅田次郎」

まゆさんのブログで高評価でした。
良かったです。
特に「帰り道」は、ジーンときました。
集団就職で上京し、楽しくグループ活動(夜行バススキー)
夢のプロポーズのはずだったのに、歯車がはずれてしまったのですね。

FC2カウンター

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

プロフィール

chii

  • Author:chii
  • 北海道で農業をしている主婦♪

最近のコメント

リンクのみなさんの更新状況

カテゴリ集

ブログ内検索