06
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
16
17
18
19
20
21
23
24
25
26
27
29
30
   

二つの祖国 (下)

二つの祖国 (下)二つの祖国 (下)
(1983/09)
山崎 豊子

商品詳細を見る


賢治の幸せな最後を見たかった。
母なる国アメリカと父祖の国日本の間に立ち、二世である賢治たちに差別の嵐。
戦争の悲劇はたくさん起こったことでしょうが・・・

アメリカの国籍を持っていても、収容所の送られひどい仕打ちにうける日系人。
この差別が戦後も続き、どんなに仕事ができ、人間としてもすぐれていても超えることのできない差別という壁。
精神的にもダメージを受けるが妻に恵まれなかった賢治、梛子に安らぎを感じ、幸せな日々が待っているのかと思っていたのに・・・
梛子の最後の手紙は心に響きましたね「アメリカ人の私が原爆にあい、私はアメリカの敵なのでしょうか」と。

山崎作品に出合っていつも圧倒され読後感でしたが、今回は感傷的になりました。
なんだか山崎作品の最後は主人公の悲劇で終わってしまうのですね。今頃気づきましたよ。
戦犯についての知識も増え考えさせられます。
スポンサーサイト

二つの祖国 (中)

二つの祖国 (中)二つの祖国 (中)
(1983/08)
山崎 豊子

商品詳細を見る


驚くことばかりです。
戦後生まれの私、知ろうとしないと何も知らずに終わってしまうことでしょう。
歴史を言えば全てでしょうが・・・
アメリカと日本、妻と梛子。早く楽になって欲しいと願って下巻にいきます。

二つの祖国 (上)

二つの祖国 (上)二つの祖国 (上)
(1983/07)
山崎 豊子

商品詳細を見る


我が町の図書館にある山崎作品の順番では次は「不毛地帯」でしたが、「不毛地帯」は去年TVでドラマ化されたものを見たので読むことをやめ「二つの祖国」にしました。
本を開いてびっくり、小さな文字がぎっしりです。
忘れていました!よ~し読むぞ~

江(ごう)―姫たちの戦国〈下〉

江(ごう)―姫たちの戦国〈下〉江(ごう)―姫たちの戦国〈下〉
(2010/01)
田渕 久美子

商品詳細を見る


来年の大河ドラマと聞いて、早く読みたいと願っていたのです。
相関図を作りながら読みました。
現代版なのでしょうか、読みやすくセリフも今っぽく笑えるところも数多く楽しめました。
私のような歴史初心者にはこの本で良かったとおもいますが、少し軽いかと思う文章もありましたね。
最後のほうでこの前読んだ「天地明察」に登場した保科正之が出てきてびっくり!
そうかつながっているのですね、と納得でした。
江姫の一生の物語でしたが、私には良い歴史の勉強になりました。

天地明察

天地明察天地明察
(2009/12/01)
冲方 丁

商品詳細を見る


本屋大賞で大評判ですね~
江戸時代、暦をめぐっての物語。
主人公春海は、碁打ち衆という職にあり、算術、天文にも興味がある。
命を受け日本独自の暦を作っていく。

この時代恋愛結婚はありえないのでしょうが、えんと出会い、一生をともにした春海。
前妻を病でなくし、えんには「先に死なないでほしい」と。なんとも頼りない。
次々と暦作りにかかわった人たちが亡くなり、それをバネにして最後の上申。
そして、春海の作った暦に決定。
読み終わったとき、春海はとっても素敵な男性でした♪

FC2カウンター

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

プロフィール

chii

  • Author:chii
  • 北海道で農業をしている主婦♪

最近のコメント

リンクのみなさんの更新状況

カテゴリ集

ブログ内検索