FC2ブログ
08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

2018.11.19 (Mon)

長く高い壁

浅田さんと言えば戦争物、多いですよね。
今回は中国⁉︎表紙の絵は万里の長城。
浅田ワールドなのか、期待はずれ。
理解力不足でしょうか。
スポンサーサイト



18:07  |  浅田次郎  |  Comment(0)

2016.11.03 (Thu)

帰郷

帰郷 「浅田次郎」

朝ドラ「べっぴんさん」とかぶって読んでいました。
終戦で生還した兵士・・・
胸が一杯になります。


作品展、終わりました!

20161103134927ef4.jpg


13:50  |  浅田次郎  |  Comment(2)

2016.09.10 (Sat)

三人の悪党

三人の悪党 「浅田次郎」

久々の更新です。
夏はプール三昧でした。
これから読書の秋に向いたいと思いますが。
来月末にパッチワークの作品展があり、時間が足りないですね。

コメディタッチで読みやすく、最後はほろっとさせられ。
文庫本ということもあり、今の私には正解、納得の一冊です。
10:37  |  浅田次郎  |  Comment(0)

2016.03.01 (Tue)

獅子吼

獅子吼 「浅田次郎」

まゆさんのブログで高評価でした。
良かったです。
特に「帰り道」は、ジーンときました。
集団就職で上京し、楽しくグループ活動(夜行バススキー)
夢のプロポーズのはずだったのに、歯車がはずれてしまったのですね。

16:34  |  浅田次郎  |  Comment(2)

2016.02.11 (Thu)

わが心のジェニファー

わが心のジェニファー 「浅田次郎」

婚約者の求めで日本にやってきた米国人青年。
東京、京都、大阪、九州、北海道・・・。
神秘のニッポンを知る旅を始めた彼を待ち受ける驚きの出来事と、感涙の結末とは!


婚約者に向けての on my mind・・・サザン「いとしのエリー」おなじみのフレーズですね〜
外国(アメリカ)人の目線で日本が描かれているのですが。
浅田さん自身の目線なのではと。
紅葉の京都、日本一の温泉地別府、日本一の都市東京、タンチョウ鶴の釧路。
この本を読んで、外国旅行したいと感じました。
踏み切れないのは治安かな〜日本の治安の良さをますます感じます。
13:49  |  浅田次郎  |  Comment(2)
 | HOME |  NEXT