FC2ブログ

戦場のコックたち

今回は世界大戦のアメリカ兵が主人公です。
この本の中では、戦時中にも色んなミステリーが起こります。
そして、人は戦死します。
戦いが終わり、壁も無くなり…
読み終えてホッとしました。
そして、もっと知りたく読みたくなりました。
スポンサーサイト



ベルリンは晴れているか

まゆさんのHPで気になり読んでみましたが、難しいものを手にしてしまったと。
敗戦国の日本についてもまだまだ勉強不足なのですが、ドイツについての知識はもっとなく、呆然としてしまいます。
少しだけ知っていたユダヤ人のこと、もっともっと辛いものだと感じました。
自分だったら…

1945年7月。
ナチスドイツが戦争に敗れ米ソ英仏の4カ国統治下におかれたベルリン。
ソ連と西側諸国が対立しつつある状況下で、ドイツ人アウグステの恩人にあたる男がソ連領域で米軍製の歯磨き粉に含まれた毒により不審な死を遂げる。
米国の兵員食堂で働くアウグステは疑いの目を向けられつつ、彼の甥に訃報を伝えるべく旅出つ。
しかしなぜか陽気な泥棒を道連れにする羽目になりー
ふたりはそれぞれの思惑を胸に、荒廃した街を歩きはじめる。

カレンダー
03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
FC2カウンター
プロフィール

chii

  • Author:chii
  • 北海道で農業をしている主婦♪
最近のコメント
カテゴリ集
ブログ内検索