FC2ブログ
08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

2019.03.06 (Wed)

珠玉

国民的歌姫だった美しい祖母は、自分とは似ても似つかず超えられない存在。
嫌というほどその現実を感じてきた歩は、他人の美貌に辟易しなるべく目立たぬように過ごしていたが、経営するファションブランドの人気が低迷しデザイナーの相棒にも見限られ、最悪の状況に陥る。
そんな折、仕事を失いかけているモデル・ジョージと出会った。
歩のブランドの建直しをジョージが強引に手伝うようになり…。
本物の美しさとは、強さとは。
弱さを抱えた者たちが成長する姿を丁寧に描いた物語。


物足りなかったなぁ
スポンサーサイト



20:21  |  彩瀬まる  |  Comment(0)

2018.12.06 (Thu)

不在

長らく疎遠だった父が死んだ。
「明日香を除く親族は屋敷に立ち入らないこと」
医師であった父の不可解な遺言に娘で漫画家の明日香は戸惑いを覚えながらも洋館を受け継ぎ整理することを決めた。
四半世紀ぶりに足を踏み入れた館には、自分の知らない父の痕跡がちりばめられていた。
家財道具の処分を始めた明日香だったが、整理が進むに連れ、仕事がギクシャクし始め、恋人の冬馬との間にもすれ違いが生じるようになる。
そして奇妙な遺物に翻弄される明日香の目の前に、父と自分の娘と暮らしていたという女・妃美子が現れてー。(帯より)


明日香の育った環境、父親の性格、そして父親の性格を受け継いだ明日香の日常。
個人病院だとあるあるなのかな(後継ぎ問題)
明日香の気持ち、とっても理解できて苦しくなるほど。

先日、傾聴についての講習を聞き、マザーテレサの言葉を知り、この親子にも傾聴が必要だったな〜なんていらぬ事を考えてしまいました。
12:04  |  彩瀬まる  |  Comment(0)

2018.03.04 (Sun)

桜の下で待っている

桜の下で待っている 「彩瀬まる」

「くちなし」でダメージを受けましが、今回は短編5編、どれも優しい物語でした。
花をテーマとした題名もやさしさを感じます。

・モッコウバラのワンピース
・からたち香る
・菜の花の家
・ハクモクレンが砕けるとき
・桜の下で待っている
16:36  |  彩瀬まる  |  Comment(2)

2018.02.04 (Sun)

くちなし

くちなし 「彩瀬まる」

まゆさんのブログでたびたび目にする作家さんだったので手に取りました。
でも…
あーぁ無理と感じながら。
「愛のスカート」と「茄子とゴーヤ」はホッとして読めた。
ゴーヤのナムルを今年は試してみようと。
現実派の頭の固い私でした。
言わんとしてることはわかる気がします。
11:35  |  彩瀬まる  |  Comment(2)
 | HOME |