FC2ブログ

切羽へ

切羽へ切羽へ
(2008/05)
井上 荒野

商品詳細を見る


静かな島で、夫と穏やかで、幸福な日々を送るセイの前に、ある日、一人の男が現れる。
夫を深く愛していながら、どうしようもなく惹かれてゆくセイ。
やがて二人は、これ以上は進めない場所へと向かってゆく。(帯より)

なんだか理解できないもやっとしたものが残った。
この題名、もっと切ない思いを感じなくてはいけないんだろうけど。
一人の男、石和はつかみどころがなくって魅力的だと私も思うけど。

スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

私は石和の魅力が理解できなくって、その石和に惹かれるセイも理解できなかったんですよ。
絶対、夫の方がいいと思うんだけどなー(笑)
まあ、それが恋なんでしょう。。。

kanakanaさん

石和の存在がポイントですよね。
私には気になる存在でしたよ。(笑)
kanakanaさんとは好みが違いましたね。
カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
FC2カウンター
プロフィール

chii

  • Author:chii
  • 北海道で農業をしている主婦♪
最近のコメント
カテゴリ集
ブログ内検索