02
1
2
3
5
6
7
9
10
11
12
13
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
   

ホワイトラフビット

ホワイトラフビット 「伊坂幸太郎」

あ〜そうでした、伊坂さんは殺しのテーマね、と少し後悔。
ダラダラ読んでいくと「何々?どういう事⁇」
伊坂さんの頭の中には沢山の展開があるのでしょうね。
オリオン座、レ・ミゼラブル、どちらも詳しくないけど楽しめました。
スポンサーサイト

たゆたえども沈まず

たゆたえども沈まず 「原田マハ」

原田さんの絵画、画家ものはおもしろいですね。
ゴッホ兄弟の苦しみ…
生前中には認められず、そして、悲しい最期は苦しくなりました。
浮世絵とゴッホ。
明治初期のパリに、日本人画廊林忠正さんが居たことも知りました。
今、京都で開催されているゴッホ展、観てみたいです。
今回、原田さんに興味津々、HPでプロフィール も改めて知り、いろんな事真似できないけど同年代(笑)

くちなし

くちなし 「彩瀬まる」

まゆさんのブログでたびたび目にする作家さんだったので手に取りました。
でも…
あーぁ無理と感じながら。
「愛のスカート」と「茄子とゴーヤ」はホッとして読めた。
ゴーヤのナムルを今年は試してみようと。
現実派の頭の固い私でした。
言わんとしてることはわかる気がします。

とるとだす

とるとだす 「畑中恵」

今回は若だんなの父親 藤兵衛が倒れるのですね!
最後は一寸法師、金太郎、浦島太郎まで現れて、なんだか笑えました。

宮辻薬東宮

宮辻薬東宮 「宮部みゆき 辻村深月 薬丸岳 東山彰良 宮内悠介」

4人のアンソロジー、新しい作家さんにも躊躇なく出会える一冊でした。
「人・で・なし」宮部みゆき
ラストが魅力的。さすが宮部さん!
ここから繋がるの?
「ママ・はは」辻村深月
両親が教師だと想像できるなあ。母娘のミステリー。
「わたし・わたし」薬丸岳
「スマホが・ほ・し・い」東山彰良

「夢・を・殺す」宮内悠介
は、初の作家さんでした。
東山さん、気になります!

パーマネント神喜劇

パーマネント神喜劇 「万城目学」

「今からあんたの願いをひとつだけ叶えてあげる」。デートの途中、突然時が止まった。動かない街に現れたのは、「神」と名乗るアヤしげな男たち。肩を叩かれ戻った世界は、あれ、何かが違う…?笑って笑って最後にほろり。わちゃわちゃ神頼みエンターテインメント。(データベースより)

・はじめの一歩
・当たり屋
・トシ&シュン
・パーマネント神喜劇
今年最初の一冊は、万城目さんを選びました。
神さまの物語でほっこりさせられて、正解でした。
パーマネントとは永遠なるとありました。
今年もよろしくお願いいたしますm(._.)m

今年の読書

熊谷達也さん、司馬遼太郎さん、米澤穂信さんを好んで読みました。
荻原さんの「海の見える理髪店」、宮下さんの「静かな雨」、伊坂さんの「AX」、森絵都さんの「出会いなおし」良かったです。
史実物、人物伝、好きですね〜

今年は友達にも、図書館通いを勧めました。
共通の話題ができ、ますます読書は楽し、です!
今年もわずかとなりましたね。゚(゚´ω`゚)゚。
ありがとうございました、来年もまたよろしくお願いしますm(._.)m

翔ぶが如く 六

翔ぶが如く 六 「司馬遼太郎」

台湾撤兵以後、全国的に慢性化している士族の反乱気分を、政府は抑えかねていた。鹿児島の私学校の潰滅を狙う政府は、その戦略として前原一誠を頭目とする長州人集団を潰そうとする。川路利良が放つ密偵は萩において前原を牽制した。しかし、士族の蜂起は熊本の方が早かった。明治九年、神風連ノ乱である。(データベースより)

FC2カウンター

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

プロフィール

chii

  • Author:chii
  • 北海道で農業をしている主婦♪

最近のコメント

リンクのみなさんの更新状況

カテゴリ集

ブログ内検索